2015年12月4日金曜日

世代交代の早い組織のコミュニケーション

みろなる氏がコミュニケーションアドベントカレンダーをやっているというので、いつも思っていることの一つを書こうと思う。

※この記事はコミュニケーションアドベントカレンダーの4日目の記事です。

本題に入る前に、まずこの件に関係する私の背景を説明しようと思う。
私は、中高一貫校と呼ばれる中学校と高校がつながっている形態の学校出身で、そこで約6年間にわたり主な活動としてプログラミングを行う部活動に所属していた。
最終的に部長にもなり、プログラミングの技術だけでなく組織としての在り方を多く考えさせられた。ちなみに現在は大学生である。
では、本題に入ろう。

学校の部活やサークルなど、世代交代が速い組織、というものがあると思う。
このような組織はそうでない組織に比べ多くの異なった特性があり、特有の問題がある。
その問題の一つが「世代交代の際に発生する引継ぎ」である。

自分の例ついて実際の例を挙げる。
この部活は中学一年生からプログラミングを学んでいるが、技術を身につけることは容易ではない。中学一年生は、4月時点ではまだ変数の概念を数学の授業で学んでいないのだ。中学一年生にそれらを教えるのは、当然二年生以上になる。しかし、何らかの問題があり、技術が途切れたとする。その場合は自力で最初の一歩を踏み出せる人間が現れるのを待たなくてはならないのだ。それは、とても時間がかかることで、数学などの基礎知識を広くつけ、様々な書籍などを読み、それらの知識から最初の学習に必要な部分だけをまとめるのであれば最低でも約一年はかかるだろう。これを技術が途切れるたびに自力習得するというのはとても無駄のある行動だとわかる。
すると、それらをしっかり引き継ぐ必要性が見えてくるわけだ。

そこで、歴代の部長はそれらの大切な情報を紙にまとめて印刷して冊子にする、部内のwikiを作る、などいろいろ試したが、あまり結果はよくなかった。自作すれば完成度は下がるし、wikiはろくに編集されない。そして、自分が六年間かけてわかった大変な事実は「やる気のある人どうしが直接会ってしっかり教えないと伝わらない」ということだった。

しかし、この数年で大きくコミュニケーションの環境は大きく変化した。
スマートフォンの普及、LINEなどのコミュニケーションアプリの普及によりより手軽に、より大人数で、よりリアルタイムに情報を共有できるようになった。
従来は活動場所に来ない人間は情報を伝えることができず、わざわざメールや電話をするか直接こちらから出向くなどして追い回さなければならなかった。これには大きな労力がかかる。
だが今はどうだろうか。重要なことはLINEのノート(掲示板のような機能)に書き込めばすぐ共有できる。また、あまりいいことではないが世代交代後もその様子をうかがうことが簡単にできるし、助言を行うこともできるのだ。
現に、この部活はLINEを通してたまに相談などをしてくるし、それらを通して部活動の状況が良好であることも伝わってきている。

つまり、結論として、世代交代の早い組織に必要なのはなのは「組織の維持に必要な情報はしっかり残し、またそれらを伝えること」ということを伝えたい。



2015年11月25日水曜日

電装神姫計画、というのを思いついた話。

なぜ、この模型界隈には電装勢がいないのか。
 なぜ説明書にある「ベイビーラズは目覚ましに最適」「紗羅檀は常夜灯になる」という設定、実際に作った人はいないのか。
ほしくてほしくて仕方がないので作ることにした。
名付けて、「電装神姫計画」である。

要約:欲しいものがあるので自作することにした。

○事前調査
彼女たちに付属しているLEDユニット、テスターで測ったところどうやら動作時3.3V/20mAのようだ。中の部品を見ると型番はあるが詳細がわからないチップLEDと「150」と書かれた推定15Ωのチップ抵抗がついていた。つまり、抵抗で0.3V落ちてLEDで3Vといったところだろうか。

○構想
電源ユニットとして何らかの充電池とマイコンを組み込んだ物を作る。端子の形をLEDモジュールと同じにしつつ、複数の端子をつけることで追加の装備を制御できるようにする。
ほかにも、センサーなどの入力用端子を作るなどの拡張を考える。
また、プロトタイプとしてライター用の端子を内蔵しているものも作る。(使いやすければそのまま採用)

まだまだこれからである。

2015年11月22日日曜日

エポックカプセルコレクション「美術室 折りたたみイーゼルと丸椅子」「中華料理店」「じゃま猫」

超ひっさしぶりの更新です。エポックカプセルコレクション「美術室 折りたたみイーゼルと丸椅子」「中華料理店」「じゃま猫」をまとめて紹介です。
じゃん!

陽華が座ってる椅子、イーゼルが美術室。

閃華が使ってる椅子、机が中華料理店、猫とPCがじゃま猫です。猫が良すぎ。

いや、エポックカプセルコレクションはどれも良い。
ただ、このシリーズの椅子は全部だいたい同じ高さらしいが、3rdsmallの足でちょっと小さめ位なので他の子たちは工夫しないと座れません。
ガシャポン、やめられない。

【追記】使用感、サイズなど質問あればコメントでどうぞ!

2015年8月6日木曜日

折りたたみキャリアーとスーツケース(エポック)

エポックカプセルコレクションから、「折りたたみキャリアーとスーツケース」が7/31に出たので、まわしてきました。
二回回してキャリアー黒とスーツケース赤でした。スーツケースとキャリアーが一つづつほしかったので良かったかなと。
秋葉原で探したんですがガチャポン会館にしかなく、僕が回し終わった時点で残りのカプセルが一個でした・・・。まだ陳列されてないのかな?
サイズはこんな感じです。
閃華たんは3rd smallでこの高さなので他の子にはちょっと持ち手の高さが足りないかも?といった感じ。

八月のエポックのラインナップで注目なのは「誰得?!俺得!!シリーズ 取調室」かな?

2015年7月10日金曜日

Windows8以上のユーザー名の話。

最近、困ったことがある。
Windows8以上で、意図せずユーザー名が日本語になってしまい、一部のソフトが正常に作動しなくなるという問題だ。
これは、Windows8でアカウントを作成する際の手順に問題があるのだ。以下にその手順を示す。

1.メールアドレスを要求してくる。
2.Microsoftのメールアドレスならそこでおしまい。それ以外だと新規登録画面に遷移。
3.おしまい。

そう、これだけなのだ。ユーザー名を入れるところはない。Microsoftアカウントに設定されている本名がユーザー名になってしまうのだ。
これを防ぐ方法が、実は上の手順1にある。実は、ここでMicrosoftアカウントとの関連付けを拒否しローカルアカウントを作成するということを選択できる。これをすることにより、任意のユーザー名を付けられる。
そして、必要に応じて後からMicrosoftアカウントを関連付けすればいいのだ。表示名は変わるが、内部のディレクトリ名はそのままになる。

最後に、簡単にユーザー名の生成式をまとめておく。

1.最初からMicrosoftアカウントを関連付けする、かつ日本語の名前を登録 例:電脳 太郎
→ユーザー名は日本語、死ぬしかない。名前のほうになると思われる。例:「太郎」
2.最初からMicrosoftアカウントを関連付けする、かつ英語の名前を登録 例:「Dennou Tarou」
→ユーザー名はメールアドレス?から生成された謎の英数字。例:「tarou_000」
3.ローカルアカウントを作成
→ユーザー名はアカウントを作成時に設定したもの。


アカウントの移行は面倒だ。早めに気づいた方がいいことかもしれない。
今死にそうな顔をしながら移行している。

2015年7月7日火曜日

汎用電子アシスタントの話

最近blogを更新していなかった気がする。
それもそのはず。学校のほうが忙しく何もしていないのだから。

これから話すのは唯一進捗があった項目だ。
製作中の「汎用電子アシスタントシステム」(仮称)がだいぶ形ができてきた。

いつも何を作っているか聞かれて、かなり答えに困るのでこの機会にしっかり言葉にしてまとめておこうと思う。

汎用電子アシスタントシステム(以下「電子アシスタント」)は、サーバー上で作動し、様々なインターフェースを持つことであたかもインターフェースの向こう側に相手がいるような体験をもたらすシステムである。
特徴としては、ファイルの差し替えなど簡単な操作によりカスタマイズすることができるということだ。たとえば、ファイルを差し替えるだけでtwitterに対応する、形態素解析エンジンに対応する、RSSに対応する、jsonに対応する、等だ。規格も用意してあり自分で機能を作ることも可能だ。

現在はPHP+sqlite3で書いているがプラグインの差し替えによりMySQLには対応できるようになっている。近いうちにPythonにも対応させたいが・・・めどが立っていない。Pythonのライブラリの豊富さは魅力的である。

これだけでは何を言っているのか全く分からないかもしれない。近いうちにgithubにでも上げようかと思う。

開発の経緯。はじめはtwitterbotを作っていたのだが、WEBページとしてのインターフェースを取り付けようと思ったあたりから脱線をはじめ、途中からAndroidAppとの連動なども考慮して設計をし始めた。汎用性が高いものが好きなのでそういう設計にしてみたら気づいたらこうなっていた。

いじょう。

2015年6月29日月曜日

バナチンアナゴの話

ここ数日かけて探していたガシャポン。エポック社から出ている「バナチンアナゴ」をついに入手したので、ここで報告する。

実にかわいい。うちの閃華たんと会わせてみた。



仲良くなれたようだ。サイズはこのくらいである。隣にあるのは単2電池だ。

まだ発売開始から間もないので探すのは大変だろうが、秋葉原に行ける方は駅の近くのアドアーズの前にある。電気街口のほうだ。
手に入れてみてはいかがだろうか。

そして、お気づきだろうか。三枚目の写真、物理法則を無視しているのだ。実は太ももの裏をコクヨのひっつき虫で固定してある。便利な道具だ。

2015年6月25日木曜日

mvnoでnexus5のセルスタンバイ問題の話

私は、いまnexus5をocnモバイルoneのSMSつきnanoSIMにアダプタをつけて使用している。
この1つの解にたどり着いた経緯を話そうと思う。

はじめはSO-03DというXperiaのスマホにocnモバイルoneの通常サイズのSIMでSMSなしという環境だった。

しかし、スマホの寿命、LTE非対応、OSアプデなし等の理由から機種変更をすることにした。 変更先はzenfone2かnexus5にしようと思った。まぁzenfone2は出たばかりなのでnexus5にし、合わせてmicroSIMに交換した。この交換手数料は2000円だ。 しかし、しばらくして2つの問題を感じるようになった。「電池の消費が多い」「以前よりよく接続が切れる」だ。
調べると確かに同様の症状の人はいるみたいだが、解決には至らなかった。

しかし、ある時同じサークルのK先輩にnexus5を見せびらかし、症状をはなしたところ、この問題について詳しく、後日というか数時間後に以下の資料を送ってくださった。

1,アンテナピクト非表示とセルスタンバイ問題について
http://www.slideshare.net/IIJ_techlog/iijmiomeeting01-androiddoumaeopen
2,mvnoの接続について
http://www.slideshare.net/IIJ_techlog/iijmio-meeting-7-mvnosim

この問題の解決を望む方、興味がある方は資料を読んでから以下を読み勧めていただきたい。

読むのが面倒な方のためにまとめると「必要ないAPN設定をすべて消し、すべてipv4設定にし、切れたら一旦機内モードにして再接続でき、SIMをSMSか電話対応にする」だ。わけがわからない方は資料を見るべきだ。

2について「3G用のapn設定を消してもLTE非対応の地域では3Gに接続できるか」ということについて、おそらく問題ないとのことだった。今のところ問題はないが、必要ならば設定は復元できる。

また、SIMをSMS対応に変更する際に、一番小さいnanoSIMにしてアダプタを使うことで以降の機種変更の際に再びSIMの交換をしなくて済む、ということを聞きnanoSIMにしたのだ。ちなみに月額120円かかるが、SMS認証ができるという大きなメリットがある。

現在、セルスタンバイ問題も解決し接続も安定している。K先輩には感謝したい。

2015年6月23日火曜日

閃華たんの話

閃華たんとは、この子の名前である。
武装神姫 エレキギター型MMS ベイビーラズだ。
ちなみに写真はヘタクソなのでかなり加工してある。
かわいいのだ。
そして、気づいた方もいるかもしれないが、オリジナルと比較すると後頭部が大きく違うのが特徴だ。
ここだけ自作パーツとなっている。

先日パーツを一つ紛失してしまったので、かなり気になっている。
しかもクリアパーツなのだ。複製の難易度は高い。
幸いにも完全に同型のパーツはあるのだが。

この写真を撮っていて思ったのだが、やはり照明が欲しい。
あと写真撮影の技術。
照明は作るかもしれない。作るときはまた記事を書こう。

2015年6月22日月曜日

ゲームが嫌いになる話。

何日か前、twitterで多くRTされていて驚いたツイートがあった。内容としては、「知り合いがゲームばかりやっている息子に、ゲームに対しノルマ、報告義務、未達成の場合の叱責などを課したところ、サッカー少年になった」という内容だ。これに対し、いくつかの方向から意見がある。

まず、この親についてだ。この親の考え方は「ゲームと嫌なものをセットにすることでゲームを嫌いにさせた」あるいは「本当にゲームが好きではないことをわからせた」の二つのどちらかであると推測する。
これは、心理学でいう接近-回避型の葛藤というもので、この状態に持ち込んだということだ。わかりやすくいうとゲームはやりたいが、報告やノルマは面倒だ、というふたつの動機づけによる板挟みになるようにしたということだ。
前者であれば体に悪い、後者であれば時間がもったいない、など両方とももっともな理由付けができる。しかし、仮にこの息子がゲームが本当に好きであれば、報告もノルマも苦ではないのでこのような葛藤には陥らず、前者であったのであればもくろみが失敗に終わった、後者であれば本当にゲームが好きなのだとわかった、という形になる。

次に、ゲームについてだ。私は、ゲームは次の二つ(集合的に二つ、すなわちA,B,A∩Bの三つともいえる)に分けられると考える。「体験を与えてくれるもの」と「技術を与えてくれるもの」だ。
前者は、RPGなどストーリーに沿って進むものが主で、基本的に一人でやるもの。後者は対戦要素があるもので、基本的には一人でやるときも擬似的にコンピュータなどとの対戦という形をとるものだ。
この二つを満たすものも数は少ないながら存在し、ストーリーを進めることとクリア後の対戦要素を併せ持つ「ポケモンシリーズ」や、最近私もプレイしているパズルを解きながらストーリーを進め謎を解き明かす「Portal」などだ。Portalはパズルゲームで対戦要素はなく、一見後者の集合に入っていないように見えるが、Portalはパズルであり、クリアまでの時間を競うことができ、そこには技術があるのだ。よって私は後者にこれを含める。
先のツイートの話に続いてこれを書いたことについて、何が言いたいのかというと「後者にカテゴライズされるゲームはそんなに好きでない場合でもやめられないことがある」ということだ。ツイートの内容から、おそらくこの息子がプレイしていたのはポケモンだったと推測できる。(違うかもしれない)ポケモンはストーリーを進めるのもゲームの目標の一つだが、ポケモンを捕まえて育て、対戦すること、ポケモンをコンテストに出して競うこと等ほかのプレーヤーと一緒に楽しむ要素が多い。当然、相手がいるから楽しく、また相手がいるからやめられないということになるのだ。
逆に、前者のゲームは続ける理由は「先が知りたい」、すなわち体験に対する欲求のみなので、本当に好きでなければ飽きる。この違いは大きいだろう。
私自身、高校生のころポケモンの対戦にはまり、莫大な時間をつかった。しかし、いまはどうだろう。大学生になり、ゲームの相手もネット対戦のみなのでほとんどゲームをやらなくなってしまった。実はそんなに好きではなかったのかもしれない。モンスターハンターも新作は買っていない。ネットワークで協力プレイができるとあるが、知らない人と協力しても楽しくない、と思う程度にしか好きではなかったのだろう。

しかしながら、Portalはやってしまうのだ。私はゲームが好きだから。

2015年6月17日水曜日

運要素に性的に興奮する話

書くことがなくなったらこの話をしようと思っていたのだが、まぁなんとなく書こうという気になったので書こう。


私は、なぜか運に身をゆだねる、あるいはそれに準ずる行為に性的に興奮する。


これを読んで訳が分からない、と考え方が大半だろう。まぁ、私もよくわからない。
これを読んで「野球拳」を想像した方、近いがそんなものではない。
もちろん野球拳のような直接的に性に関する行為に運が絡むのも興奮する。何らかの対戦に負けたら罰ゲーム、といった企画ものとか最高だとさえ思う。しかし、そうではないのだ。
たとえば、サイコロを振って奇数が出たらいまある宿題をすべて終わらせて、偶数なら最低限やって他は放置、などといった行為を指すのだ。
よくわからないとは思うが、大体こういうことが当てはまるといえるのだ。
ほかにも、時計を見て分の部分が奇数だったら寄り道する、等、例を挙げたらきりがない。なんでもよいのだ。

一応自己分析をすると、運に身をゆだねる、すなわち自分の力ではどうしようもないことに賭けるというに興奮するのだ。私はほしいものは努力をしてでも手に入れる。必要な努力を惜しまないタイプだ。しかし、運だけは努力ではどうにもならない。そこに身をゆだねることに興奮を覚えるのだ。
快感を覚えるのではなく、興奮するのだ。もしかしたら破滅願望に近いのかもしれないし、結局のところ私がただただMなのかもしれない。


・・・思ったより書くことがない。質問等があれば追記するかも。

時間を管理する話

今日、百円ショップでキッチンタイマーを買った。
時間と場所を選ばず使いたかったので分解してスピーカーを除去(はんだごてから吸い取り器、吸い取り線まである環境なのでわりと簡単にできた。)
そして、何にどのくらいの時間を使っているかを測定してみた。

すると、いつもより作業が進むではないか。
いわゆる「記録するだけのダイエット」と同じなのか。

ちなみに購入したキッチンタイマーは以下のものである。
作業時の写真も載せておく。





本当は液晶が大きいものを購入しようとしたのだが、使用するボタン電池が手に入りにくそうでしかもその百円ショップにおいてなかったのでこちらにした。
みてのとおりLR44を一個使用するものになる。 
ちなみに写真ではスピーカーを取り外しているが、再度取り付ける予定がないのであればプリントパターンを削るという方法が比較的道具もいらない上に簡単かもしれない。

2015年6月14日日曜日

生活システムの話

大学生にもなると、学校にバイトに趣味に忙しくなるし、あとパソコンを二台常用、スマホも常用といったことは少なくないだろう。
そこで、そういった状況に合わせた今使ってる生活管理システムを紹介しようと思う。


○主に使っているもの
・toodledo
IFTTTで使用できるものでこれをなんとなく選択した。
・googleカレンダー
家族との共有カレンダーがあり、必要に応じてスケジュールを共有している。
・Evernote
スマホとパソコン二台でいろいろ共有するため。紙のメモは筆記用具も必要だし管理も面倒なため。
このブログの記事の下書きもあるし、制作中のものの設計図も入っている。
・IFTTT
サービスをいろいろ連動させられる。
一番よく使ってるのは「twitterでfavしたらpocketに保存する」

○システム
まず、大まかなルーチンワーク等を決めておく。
これはなれるまではEvernoteにでも書いておく。これに限っては編集の必要がなければ紙でもよい。
そして、宿題とやりたいこととその他やらなきゃいけないことを全部toodledoに入れる。
toodledoは期限付きのものはかなり優先度を上げて表示するのでとても使いやすい。
そして、その他の予定をgoogleカレンダーに入れる。バイトの予定、歯医者の予定、サークルに試験の予定など。
試験に関しては同時にtoodledoに入れて試験勉強の目安にしてもよい。このへんの連動はIFTTTを使うのがよい。


そんなとこだろうか。
思いついたら加筆するかもしれない。

2015年6月12日金曜日

前のブログと書く内容の予定の話

前のブログは鯖がサービス終了するときにバックアップ取り忘れて死にました。
何かいてたのかさえ思い出せないのできっと大したこと書いてません。

とりあえずレンタルサーバー借りるめどがたっていないのでbloggerで書こうと思います。

○今後書く予定のあること
・機能過剰系スマホケースの自作の話
・その他電子工作の話
・raspberry piの話
・自作のWEBサービスの話
・日記、特に食べ物を含む購入物とそのレビュー。
・私の生活システム構築の話

これが聞きたい、等あったらコメントで。